December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きりぎりすぴ〜く 59

きりきり父さん、入院。

入所先のベットから転倒したため、救急搬送をしたいと
特養施設から連絡を受けた。
先日の受診で緩和ケアの受け入れも可能と云われたが、
本人は「どこも痛くない、病院には居たくない」と云う
ので、環境を変えて混乱させるよりも慣れてきた施設で
過ごさせてあげていた。
救急搬送に同意して、後を追うように病院へ向った。
転倒時にぶつけた顔や腕に打撲傷があるものの、骨折は
していなかった。それでも、両脚は象の足のように酷く
浮腫んでおり自力では身体を動かせられず、肺と腹部に
水がたまっているため、横になるのも苦しがっていた。
今日は大丈夫でも明日は急変するカモしれず、もう施設
には戻れない容態。
しかも病院は一般病棟、認知症対応はしていない。
他の患者にも迷惑がかかるので個室にしてもらえたけど
夜間はきりきり兄さん2号が、日中はきりきり母さん&
きりまゆんが、交代で24時間付き添う態勢をとる。

スポンサーサイト

comments

言葉が出ません(/Д‘)
きりまゆちゃんも大変でしょうけど、お母様は更に大変かと・・・

  • めーじむら
  • 2016/02/12 9:23 AM
   
pagetop