September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きりぎりすぴ〜く 39

10月以降の介護録を、簡潔に記す。

10月中旬に、きりまゆんは何らかの課税がもしかしたら増えるカモ
程度なデメリットなので、世帯分離の手続きを済ませた。

その後すぐ、きりきり父さんには一週間のショートステイに行って
もらい、きりきり兄さん1号はテレビ電話越しで、きりきり兄さん
2号世帯も一緒に、ケアマネから施設入所の説明を受け、特養申請
と長期ショートステイの手続きをした。

10月末に主治医と相談、きりきり父さんの服用薬を少し変えた。
もの忘れの進行をおさえる薬は、きりきり父さんにとって、強いと
感情のコントロールが困難になっていると思え、進行をおさえる薬
を弱めてもらい、気分を落ち着かせる薬を処方してもらった。

11月は約20日間ほどショートステイを利用した。
その間、きりきり母さんときりまゆんは、じっくり静養できたが、
長期間だったせいか帰巣後のきりきり父さんは、自巣に帰った自覚
がないのか、帰りたいから出してくれ騒動を起こした。
真夜中だった、「怪しい者じゃないが、出口をおしえて」と。
きりきり母さんは起こされるも朦朧としているため、即応対できず
モタモタしているうちに、きりきり父さんは裏口から出て行った。
きりまゆんは2階の自室でまだ寝ていたが、きりきり父さんが自巣
の窓や玄関戸を外からドンドンと叩いている音で目が覚めた。
きりきり父さんは裏口から出たのに、その時はじめて自巣だと理解
できたが、今度は入り方が解らなくなったようだ。
きりまゆんは玄関の鍵を開け、きりきり父さんを巣内に入れた。
夜中だったけれど、屋外で叫んだり怒鳴ったりする行為はなかった
から、怒らず責めず、寝付くまできりきり父さんを見守った。
その後2・3日は日中、自巣の廻りを何度も徘徊していた。

スポンサーサイト

comments

ご尊父様のご様子拝見。
ただただ、頑張ってくださいネとしか・・・

  • めーじむら
  • 2014/01/22 9:21 AM

大変遅くなりましたが、いつも見守ってくださり
本当に有難うございます。

気に掛けてくださるだけでも、有難いです。
また、この介護録がほんの少しでも参考になれば
と思います。

  • きりまゆん
  • 2014/04/09 11:22 AM
   
pagetop