September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きりぎりすぴ〜く 42

 ※地元語のまま会話を表記。
 父=きりきり父さん ま=きりまゆん

12月も20日の長期ショートステイを利用。
利用中には、きりきり父さんの誕生日もあったので、連れて帰って
ほしいと強請られないか懸念しながらも面会に行った。
寒がっていると思い、裏地が暖かいパーカーのプレゼント持参で。

きりきり父さんの様子は、とても穏やかだった。
父:「何しに来たんよ」
ま:「今日は父さんの誕生日だねか」
父:「そいがか、今日は誕生日か」

自分の誕生日は覚えているも、当日の日付は解らない様子。

ま:「はい、これプレゼントだよ」
父:「ありがと、ありがと。でも忘れるで、持って帰って」
ま:「・・・え〜!」

面会で初めてショートステイ先の施設に行ったが、フロアも廊下も
暖房が効いていて、確かに上着が要らない。
そして再び、何しに来たんだ、と云う会話が数回繰り返す。

プレゼントも介護スタッフに託して、引き上げた。
結局、連れて帰ってと強請られるコトもなく、手を振って見送って
くれた、きりきり父さん。
決められた日までは施設で生活しなくちゃいけないというコトを、
納得しているようだ。穏やかなきりきり父さんを様子を見て、施設
の生活は、きりきり父さんにとっても快適なのカモしれない。

スポンサーサイト

comments

家内の父も施設に入っていました。
よく見舞いに行きましたが、割と快適だったのでしょうか?

  • めーじむら
  • 2014/04/08 7:13 PM

本当は誰だって、自分の家が一番いいと思ってる
でしょうね。でも面会に行った際、顔を見た途端
「連れて帰ってほしい」と発しなければ、問題なく
過ごしてるんじゃないかと思いました。

  • きりまゆん
  • 2014/04/09 11:38 AM
   
pagetop