September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きりぎりすぴ〜く 12

きりきり父さんの認知症状で通う病院の診断日でもあった昨日。
ミニメンタルステート検査というテストも受けた。
詳細はリンクを付けておいたので、確認してみてね。

30満点中、きりきり父さんの点数は半分以下だった。
しかも前回より落ちていた。
医師は「暑さも影響しますから、もう少し様子をみてみましょう」と
云ってくれたけども、正直ちょっと凹んだ。

薬やデイサービスのおかげか、何かを探す行動は減少したけれど、
最低限の行動以外、あまり身体を動かさなくなってもいたから。
帰りに、血圧用の薬をもらうH医院に寄っても、きりきり父さんは
車から降りず、きりまゆんの戻りを待ってただけなんだもんなぁ。

きりぎりすぴ〜く 11

デイサービス利用日の昨日。
出かける準備をしている最中に、ケアマネージャー(以後、ケアマネ
と省略する)から連絡を受けた。緊急連絡先として伝えたきりまゆん
の携帯に掛かってきたもんだから、多少なり焦ってしまった。

介護保険被保険証を交付してもらってから、資料をもらっても何を
どうしてよいやらチンプンカンプンだったけれど、幸いというか、
偶然というか、きりきり父さんの血圧の薬をもらいに通う最寄りの
H医院が介護支援事業所でもあったため、その医院で相談した介護
支援専門員(女性)が、ケアマネになってくれて、今に至る。

ケアマネから連絡を受けた用件は、以下のとおり。
・介護保険被保険証の更新手続きをしておきますね。
・認知症で通う病院へ今度行かれる際に、担当医に渡してほしい
 書類がありますので、ポストに入れておきますね。
・デイサービスにもお盆休みがありますので、その週の利用日は
 金曜に変更されてはいかがですか。
・他の方はデイサービスを嫌がられる時もありますが、お父様は
 嫌な顔をせず大変のびのびと過ごしておられますよ。

内容に安堵したきりまゆんは、お手数をかけるお礼の返答をして、
きりきり父さんを送り出した後、きりきり母さんと甥1号を連れて
遊泳プールに出かけた、振替休日であった。

きりぎりすぴ〜く 10

五輪中継を夢中で鑑賞して、更新が停滞しているけれど
きりきり母さんとの大股ウォーキングは、継続実行中。
おかげで夏バデ症状はなく、なんとなく身体が軽い感じ
がしている。大股ウォーキング中、きりきり父さんは
おとなしく留守番してくれているよ。
静かな夜なのは同じなのに、風の盆前と風の盆後では、
異なる静かな夜。


月と禅寺橋

きりぎりすぴ〜く 9

前回デイサービス利用後の、父娘の会話。
 ※地元語のまま表記。 父=きりきり父さん ま=きりまゆん

ま:「(デイサービスで)今日は、何して来たが?」
父:「赤と白のシマシマの、ひょろっとしとる絵探ししとった」
ま:「はぁ〜ん。ウォーリーを探せ、ね」

鮮明に覚えとるねか。調子好いカモ。

ま:「じゃ、昼は何あたった(食べた)が?」
父:「な〜ん。大したもんじゃないちゃ」
ま:「メニューじゃなくてもいいがっぜ?イモとかマメとか」
父:「な〜ん。変わったもんちゃ、食べとらんよ。ただ、赤と白の
   シマシマのヤツ、探しとっただけちゃ」

そして、本日のデイサービス利用後の会話。

ま:「今日は、何したんけ?」
父:「また唄え云われて、クブス橋(の歌詞を)唄ってきた」
ま:「へぇ〜。字余り唄とたんだ。調子ついてきたぜ」
父:「な〜ん。そうじゃない」
ま:「(笑)・・・じゃあ、何食べて来たん?」
父:「何も食べとらんちゃ」

どうも食べた物は、覚えられないみたい。

きりぎりすぴ〜く 8

きりきり母さんは、きりきり父さんのデイサービス利用
日でも、小学生の甥1号が学校から帰る時間を気にして
思い切った外出ができない性分。
時間に縛られて行動したり急かされたりが、嫌いで。
だから結局きりきり母さんも、自巣に閉じ籠っている。
そして、うっぷんを吐き出す先がきりまゆんに。笑
最初はきりまゆんも、返事や相づちを返さなくてよいと
いう条件できりきり母さんの話を聞いていたが、流石に
ウンザリしてきた。

そこで先日から、心と身体の健康づくりに、母娘で大股
ウォーキングを毎日実行。
大股だから腕も大きく振れて、身体全体が動く。
ルートは、メガネ橋からイダ川沿いのシタシン町通りを
進んでゼンデラ橋を渡り、町民広場前の道から坂のまち
大橋、そして新クブス橋と新テンマン橋も渡って戻る。

歩調は、きりまゆんのペースに合わせてもらっている。
きりきり母さんの足腰を鍛えるにはいいらしいから。

下新町通りの紫陽花

◎デイサービス利用後に受け取った連絡帳の内容
入浴されました。だいぶ慣れてこられたようで、皆さん
と打ち解けてお話をしておられます。
午前中は本を見たりもしておられました。

きりぎりすぴ〜く 7

デイサービス利用日。
持ち物には名前を記しておくようお願いされているので
デイサービスの支度はきりまゆんが事前に済ませるも、
お迎えが来るまで、いつものように何度も荷物の確認を
するきりきり父さん。

支度中の父

「いつまで行かなくてはいけないのか」と呟いていた。
まだ2回目なのに。笑

◎利用後に受け取った連絡帳の内容
午前中はぬり絵、午後はまちがい探しと意欲的でした。
オワラも唄って下さいました。
お昼寝されませんでした。入浴されました。

きりぎりすぴ〜く 6

リハビリの一環になるか分からないけれども、きりきり父さんには
毎週日曜に、フクジマ支部にある銭湯に行ってもらっている。

一人で行くのかと問う時はあっても、嫌がらずに行ってくれるが、
行ってこられと声をかけてから出かけるまで、二時間ほど要する。

本人は、二時間もかかっている自覚がない様子。
自分で着替えを用意しても、着替えを入れた巾着袋に、何か欠けて
いないか、何を入れたのか、何度も出し入れをして確認する。

こればっかりは気が済むまで放っておく訳にはいかないので、ある
程度見守ってから送り出す。銭湯で忘れないよう腕時計は外して。

出かけるまでは大変なのに、戻りは何事もなく帰って来てくれる。
人前では認知症の症状をあんまり見せない、きりきり父さん。

きりぎりすぴ〜く 5

きりきり父さんが服用する薬は、2種類。
高血圧用が朝食後に、認知症用が朝食後と夕食後に。

服用を忘れたり抜かしたりはよいとしても、重複したり置き場所が
分からなくなったりするので、きりまゆんが薬の管理をしている。

それを負担に思っている自覚はないけども、それでも朝の分を用意
せず出勤してしまったり、夜は服用しなくてよい薬を渡したりと、
完璧な管理はできなかったりして・・・(苦笑)。

でもさ。しっかりしなくちゃと無理に自分を追い込まず、あれこれ
背負い込まず、ゆったりのほほ〜んと、やっていくつもり。

ってな訳で、オンライン運営も最小限にするため、ブログ中の拍手
機能とかくれページを撤去。停滞しつつも、このブログのみ運営。
<<back|<45678910>|next>>
pagetop